//スタイルシート

*

  • 特捜部員
    松閣オルタ

    以上1名

    UFOの飛ばない空に、なんとなくUFOを探していたいオカルト伍長。 怖い話は怖くて苦手なので、あまり怖くないオカルト事件や出来事を調査研究。

    でも本当はUFOやUMAを探すより、お嫁さんを探したいです。
    ↓告知&次回予告はtwitterにて。


「 奇妙な事件 」 一覧

ディアトロフ峠事件―数奇にして奇妙なる9人の死

大学生グループが冬山の峠でキャンプする。そして死ぬ。1人として生還せず――。 その異常かつ不可解な死亡状況に、捜査は混迷を極めた。ほぼ全裸で死んでいる者、舌を失った者、外傷もなく骨を砕かれた者、放射能を浴びた者。 冷戦下、鉄のカーテンの向こうで、彼らに何があったのか。

続きを見る

坪野鉱泉肝試し失踪事件――消えた2人と消えた真実

心霊スポットに行ったきり2度と戻らなかった――。怪談話のテンプレートとも言える話の流れ。それを地で行く事件があった。 若い女性が2人、有名な廃墟へ肝試しへ行き、消えた。車ごと忽然と、跡形もなく。 恐怖の都市伝説となった失踪事件。まとわりついた誇張やデマ、その誤ったヴェールの向こうに何が隠れているのか。

続きを見る

緑色の子供―ウールピットの怪事件

今から850年ほど前、イギリスに不思議な子供たちが現れた。 子供たちは見たこともない衣服をまとい、聞いたことのない言語を喋る。 そして何より奇妙なことに、彼女たちの肌は全身が鮮烈な緑色をしていた。 残された文献から、その怪事件を追ってみよう。

続きを見る

岐阜県富加町の幽霊マンション―町営住宅を襲うポルターガイスト

1999年に完成した町営住宅で住民の入居直後から奇妙な現象が起こる。 怪音が響き、皿が飛び、コンセントの抜けたドライヤーから熱風が――。 怪現象としてメディアに大きく取りあげられ、様々な憶測が飛び交い、全国からは自称霊能力者たちが競うように訪れた。 富加町幽霊マンション――そこで何があったのか。

続きを見る

青ゲット殺人事件――都市伝説となった事件

雪の降る夜。青い毛布を頭からかぶった男が訪ねてきた。1人目が連れ出され、2人目が連れ出され、3人目が連れ出され、みんな死んだ。様々な都市伝説の源泉となった未解決の怪事件。

続きを見る

Tamam Shud事件――謎の男と謎の暗号

2014/03/13     2017/09/28   |   奇妙な事件, 奇現象のある世界 , , ,

1人の男が死んだ。その男は暑い夏の盛りにコートを羽織り、眠るようにビーチに横たわっていた。警察がどれほど調べても男の身元は判明せず、ただ意味不明のメモばかりが見つかる。Taman Shud――いまだ未解読の暗号が残る、いぜん未解明の事件。

続きを見る

ジェヴォーダンの獣――ベートは何処へ行ったか

100人近くの命を奪った謎の存在。その圧倒的暴力の前に中世フランスは震え上がった。 女子供を無残に殺害し、広範囲にわたっての神出鬼没。時として瞬間移動でもしたかのような同時出没を見せる。人々は武装し、肩を寄せ合い、まばたきしない瞳で囁きあった。そして恐怖はこう呼ばれる「La bête」――怪物と。

続きを見る

悪魔の蹄跡 いまだ未解決の怪事件

2013/09/22     2017/09/28   |   奇妙な事件, 奇現象のある世界 ,

雪の降ったある朝、奇妙な足跡が発見される。その足跡は家の屋根をまたぎ、高い塀を乗り越え、一直線に続いていた。たどった足跡の歩行距離はおよそ60Km。いまだに明確な回答がだされていない奇現象。 『私が同意できる説は、1000匹を下らない片脚のカンガルーがおのおのが特別製の小さな蹄鉄を付けデヴォンシャーの雪に足跡をつけたかも知れない、という説だ』 チャールズ・フォート

続きを見る

フィラデルフィア実験――阿鼻叫喚の不可視化計画とその真相

強力な電磁波の力場が駆逐艦エルドリッジを包んだ。やがて、船の姿はぼやけだし、その場から完全に消えた。 実験の成功に沸く観測船とは裏腹に、エルドリッジ艦内は叫びと悲鳴に満たされていた。 身体は唐突に燃え上がり、精神は錯乱をきたす。霧のように空気に溶けた者もいれば、船体に身体が飲み込まれた者もいた。 フィラデルフィア実験、それは公表されなかった極秘プロジェクト。

続きを見る

万病を治すルルドの泉 認められた奇跡

少女は四つんばいになって洞穴の奥へと進み、染み出していた泥水を手にすくった。そして言った「“あの方”がそうしろとおっしゃった。泉の水を飲み。洗え、と」そして指示に従った者たちに奇跡の治癒が起こる――。薪拾いの少女ベルナデットを導いた『白い貴婦人』は何者だったのか。

続きを見る

サン・メダール教会―狂信者に起こる奇跡

『奇跡が起こっている』そう噂される教会内では酸鼻を極める地獄絵図が繰り広げられていた。見物にきた者は泣く、吐く、逃げ出す。 サン・メダール教会に奇跡の治癒はあったのか。

続きを見る


Sponsored Link
富士市UFO同乗事件――メルセデス星人のケース

友人宅から仕事に向かうため一端帰宅しようとした佐藤氏。疲れからか、不幸

書籍『オカルト・クロニクル』発売記念トークショウ&サイン会、のお知らせ。

本当は、50部ほどしか売れないと思っていた。 告知 またお

ヘクサム・ヘッズ――狼男を呼べる石

ある少年が自宅の庭で、奇妙な石を2つ拾った。 土を取りのぞいてみれば

オカルト・クロニクル書籍化のお知らせ +初版正誤表

苦節5年ぐらい。好き勝手にだらだら書いてきた。 ビリーバーとなるには

続・井の頭バラバラ殺人事件 ―迷宮の追憶から

ブロック状に切り分けられた遺体。 バラバラ殺人のセオリーを逸脱し、骨

もっと見る

  • 08/04

    書籍化のお知らせ

    ・FacebookからSNSのシェアカウントを取得できない不具合。憎たらしいので修正しない。




    12/09

    次回更新に合わせサイト内『お問い合わせフォーム』をリニューアル。画像・動画の添付フォーム実装。なにか情報ありましたら、気軽にpostしてください。




    10/18

    【追記+追々記】『ワイオミング事件―真実はフィクションの中に』項に勇者からのメールを追記。



    9/27

    SSL化に向けた諸作業により、しばらくの期間サイトの挙動が不安定になります。



    8/19
    洋泉社ムック『殺しの手帖≪実録≫平成の未解決・未解明事件の謎』に記事を寄稿させて頂きました。サイトで公開中の『井の頭バラバラ殺人事件―迷宮の深淵から』に犯罪統計情報などをちょこちょこ加筆したモノとなっております。

    東電OL」「伊勢女性記者行方不明事件」「佐賀 水曜日の絞殺魔」などマニアならこの一冊だけで御飯3杯、パン5枚はいける内容となっとります。是非是非。
    《書店にて発売中『殺しの手帖≪実録≫平成の未解決・未解明事件の謎 />』クリックでamazonのページへ飛びます》


    7/25
    twitterにて更新記事候補と匂わせていた『長岡京ワラビ採り殺人』ですが、7/20発売の『怪奇秘宝 山の怪談編』にて掲載させていただきました。サイトの方では別の事件をやります。

    《書店にて発売中『怪奇秘宝 「山の怪談」編 (洋泉社MOOK) クリックでamazonのページへ飛びます》


    twitterにて次回記事候補として挙げていた『セイリッシュ海の足首事件』ですが、もうすぐ発売になる洋泉社さんの『怪奇秘宝 戦慄編』にて掲載させていただきました。
    61uq5cvLg3L._SL250_ 《発売中。『怪奇秘宝戦慄編 (洋泉社MOOK)
    クリックでamazonのページへ飛びます》


    当サイトのアイキャッチを気に入っていただけたということで、菅井協太さんのシングル曲「Butterfly 」 のジャケットを担当させていただきました。
    butterflys
    /itunes /googleplay
    /菅井協太公式サイト


    ipad、他タブレットでレイアウトがぐちゃぐちゃになる不具合発生中。修正諦め。


PAGE TOP