*

  • オカクロ特捜部

    特捜部員
    松閣オルタ

    以上1名

    UFOの飛ばない空に、なんとなくUFOを探していたいアラサー番長。 怖い話は怖くて苦手なので、あまり怖くないオカルト事件や出来事を調査研究。

    でも本当はUFOやUMAを探すより、お嫁さんを探したいです。
    ↓告知&次回予告はtwitterにて。

偽汽車で行こう――消えた幻の列車

汽車がモクモクと煙を吐き出して走っていると、線路の向こうからもう一台の汽車が走ってくる。あわや正面衝突の危機、汽笛が高く鳴り、ブレーキのけたたましい音が響く。だが、衝突の瞬間、対向汽車は霞のように消える。 日本の鉄道黎明期に多発した偽汽車との遭遇事件。

続きを見る

神隠し――ここは、人の消える国。

ある日、人間が忽然と消える。乗った馬の上から、入浴中の全裸のまま、あるいは隠れんぼで隠れたまま――。 帰ってくる者がいれば、二度と帰ってこない者もいる。その時なにが起こったのか。手元に残された様々な事例から神隠しの裏側にせまってみよう。

続きを見る

青ゲット殺人事件――都市伝説となった事件

雪の降る夜。青い毛布を頭からかぶった男が訪ねてきた。1人目が連れ出され、2人目が連れ出され、3人目が連れ出され、みんな死んだ。様々な都市伝説の源泉となった未解決の怪事件。

続きを見る

Tamam Shud事件――謎の男と謎の暗号

2014/03/13     2015/10/06   |   奇妙な事件, 奇現象のある世界 , , ,

1人の男が死んだ。その男は暑い夏の盛りにコートを羽織り、眠るようにビーチに横たわっていた。警察がどれほど調べても男の身元は判明せず、ただ意味不明のメモばかりが見つかる。Taman Shud――いまだ未解読の暗号が残る、いぜん未解明の事件。

続きを見る

ジェヴォーダンの獣――ベートは何処へ行ったか

100人近くの命を奪った謎の存在。その圧倒的暴力の前に中世フランスは震え上がった。 女子供を無残に殺害し、広範囲にわたっての神出鬼没。時として瞬間移動でもしたかのような同時出没を見せる。人々は武装し、肩を寄せ合い、まばたきしない瞳で囁きあった。そして恐怖はこう呼ばれる「La bête」――怪物と。

続きを見る

サンジェルマン伯爵――時空の旅人

2013/11/04     2015/05/30   |   人物, 奇妙な人物 , , ,

不老不死。そう噂された男がいた。その男は数カ国語を流暢に話し、キリストの死に立ち会い、ルイ15世に謁見しナポレオンに助言し、ダイヤの傷を消し、予言めいた発言もした。世界のあちこちに現れ、世紀をまたいで生きる男――伝説の錬金術師は今も生きているか?

続きを見る

ケイティ・キング 美人霊媒の呼び出す美人幽霊

美少女の呼び出した霊は、ケイティ・キングと名乗った。 彼女は美人で、生きているかのように脈があり、観客の膝の上に座り、甘えるように囁いた。 真偽の調査あたった科学者が『本物』と認めた美しき霊。

続きを見る

悪魔の蹄跡 いまだ未解決の怪事件

2013/09/22     2016/12/04   |   奇妙な事件, 奇現象のある世界 ,

雪の降ったある朝、奇妙な足跡が発見される。その足跡は家の屋根をまたぎ、高い塀を乗り越え、一直線に続いていた。たどった足跡の歩行距離はおよそ60Km。いまだに明確な回答がだされていない奇現象。 『私が同意できる説は、1000匹を下らない片脚のカンガルーがおのおのが特別製の小さな蹄鉄を付けデヴォンシャーの雪に足跡をつけたかも知れない、という説だ』 チャールズ・フォート

続きを見る

フィラデルフィア実験――阿鼻叫喚の不可視化計画とその真相

強力な電磁波の力場が駆逐艦エルドリッジを包んだ。やがて、船の姿はぼやけだし、その場から完全に消えた。 実験の成功に沸く観測船とは裏腹に、エルドリッジ艦内は叫びと悲鳴に満たされていた。 身体は唐突に燃え上がり、精神は錯乱をきたす。霧のように空気に溶けた者もいれば、船体に身体が飲み込まれた者もいた。 フィラデルフィア実験、それは公表されなかった極秘プロジェクト。

続きを見る

画家だって第三種接近遭遇する――レジャー星人ハウピ村事件

宇宙人と遭遇する条件として、特に重要視されるのは絵が下手であるというファクトである。 それはほとんど法則として語られ、宇宙人と出会いたいと願う世の美大生や芸術家の希望を無残に打ち砕いてきた。 だが1981年、ポーランドで人類初ともいえる快挙がなされた。画家だって、宇宙人と出会える。

続きを見る

ドゴン族 知るはずのない天体知識を知る部族

――なぜ、貴方たちがそれを知っているんだ? 人類学者は息をのんだ。肉眼では見えない星、シリウスB。 それは先端天文学で近年ようやく観測された伴星。彼らはそれを知っていた。 だが彼らの天文学知識はそれにとどまらず、他にも肉眼では観測できない宇宙の姿を伝承として彼らは知っていた。 シリウス・ミステリーと呼ばれる論争の始まりである。

続きを見る


すぽんさーどりんく


Sponsored Link
PhantomAirshipEYE02
幽霊飛行船騒動――謎の搭乗員たち

19世紀末の空を、謎の船が飛び回った。 それは当時、まだ実用化に至っ

jerseydevileye02
ジャージーデビル――闇に消えた13番目の子

「これ以上、くるしい思いをするなら、いっそ悪魔の子になればいい」 リ

FlorenceFoster JenkinsEye
フローレンス・フォスター・ジェンキンス―世界一有名な無名歌手

「人々は――私が――歌うことができないと言うかも知れません」 音楽の

InokashiraMMurderEye2
井の頭バラバラ殺人事件―迷宮の深淵から

――魚の切り身か、豚肉だと思った。 丁寧に梱包されたビニール袋を清掃

fatimaEYE
ファティマに降りた聖母――7万人の見た奇跡

牧童の前に現れた聖母は天を背負い、言った。 これから言うことは、

もっと見る

  • 7/25――
    twitterにて更新記事候補と匂わせていた『長岡京ワラビ採り殺人』ですが、7/20発売の『怪奇秘宝 山の怪談編』にて掲載させていただきました。サイトの方では別の事件をやります。

    《書店にて発売中『怪奇秘宝 「山の怪談」編 (洋泉社MOOK)』 クリックでamazonのページへ飛びます》



    twitterにて次回記事候補として挙げていた『セイリッシュ海の足首事件』ですが、もうすぐ発売になる洋泉社さんの『怪奇秘宝 戦慄編』にて掲載させていただきました。
    61uq5cvLg3L._SL250_
    《発売中。『怪奇秘宝戦慄編 (洋泉社MOOK)』 クリックでamazonのページへ飛びます》


    当サイトのアイキャッチを気に入っていただけたということで、菅井協太さんのシングル曲「Butterfly 」 のジャケットを担当させていただきました。
    butterflys /itunes /googleplay
    /菅井協太公式サイト


    ipad、他タブレットでレイアウトがぐちゃぐちゃになる不具合発生中。修正諦め。

    ・一部のスマートフォン(android AQUOSフォン)で本文の行幅が狭く、文字がぎっしり詰まって読みにくい不具合。修正諦め。


    沢山の励ましのメッセージ、項についての追加情報、指摘、ありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
    ともかく、今後とも宜しくお願いします。頑張ります押忍。

PAGE TOP